自己破産は債務整理の一種

悩む男性借金の返済が困難になった方に対して、債務整理という救済措置があります。債務整理にはいくつかの種類があり、自己破産もそのひとつです。タレントや有名人が自己破産をすることもあり、自己破産というワードをご存知の方もおおいことでしょう。これは裁判所が申立人の借金や収入を考え、支払いが不能と判断された場合に自己破産が認められるのです。例えば年収1000万円の方が100万円の借金を抱えていても返済は可能でしょう。しかし、年収100万円の方でしたら100万円の借金は返済が出来ません。こういった場合に認められます。

このような自己破産ですが、借金を免除してもらうには破産宣告と免責許可のふたつが必要になり、これらが揃った時に初めて自己破産が認められるのです。具体的な条件として、借金返済出来るだけの財産が無い、借金返済の金銭が調達出来ない、返済が滞っている、客観的に弁済能力が無い、などが挙げられます。

そして、免責許可が下りなければ残された借金の返済義務は免除されません。免責許可は裁判所が判断をしますが、場合によっては免責許可が下りないこともあるのです。過去7年以内に免責を受けたことがある、浪費やギャンブルによって借金をした、クレジットカードの現金化をした、財産をかくしていた、財産価値を減少させた、などがあると免責許可は下りません。こちらでは自己破産について詳しく解説をいたしますので、自己破産を検討している方は参考にしてください。

まずは弁護士へ相談することについて説明していきます。