Latest Posts

自己破産の弁護士費用

お金自己破産を検討している方にとって弁護士費用が気になるものですが、具体的にどの程度なのでしょうか。弁護士に相談するには最初に着手金が必要ですが、高くても約30万円です。弁護士事務所によっては着手金無料という場合もありますので、金銭的な不安がある方はそういった弁護士事務所を探しましょう。自己破産を考える方は誰もがお金がありませんので、着手金無料は珍しくありません。そういった弁護士事務所は成功報酬を多めに設定しています。

そして、自己破産が成立すると成功報酬を弁護士事務所に支払います。着手金無料でしたら約30万円かかりますが、着手金を支払っている場合は無料になることもあるのです。つまり、自己破産案件は着手金と成功報酬でバランスをとっています。

また、そのほかに弁護士は債務者や裁判所と郵便のやり取りをしますので、切手代や収入印紙代などがかかります。そして、裁判所裁判所に支払う数万円の予納金、弁護士の交通費などの実費がかかるのです。そのため、着手金、成功報酬、実費などを含めると合計で40万円ほどかかるでしょう。具体的な金額は借金の状況や弁護士事務所によって異なりますので、相談の段階でチェックしてください。

まずは弁護士へ相談

相談借金のせいで苦しんでいる方は多いものですが、自己破産をすることで借金の返済義務が無くなりますので人生をリセットすることが出来ます。しかし、自己破産は誰もが簡単に出来るものではなく、裁判所に申立をする必要があるので。申立には専門的な知識が必要になりますので、弁護士に相談をする必要があります。

しかし、弁護士に依頼をするにも弁護士費用がかかりますので、金銭的な部分が気になる方は多いことでしょうが、弁護士に相談をすることで返済がストップします。そのため、これまで借金返済に充てていたお金を着手金に充てることが出来るのです。弁護士費用が気になる方もこれであれば安心でしょう。

弁護士に依頼をすることで返済がストップしますが、その時点でまだ経済的な余裕が無い方もいることでしょう。もちろん弁護士はそういった事情を理解していますので、ある程度生活が落ち着いてから弁護士費用を支払うことも可能です

自己破産が一般的になったことから、自己破産に強い弁護士事務所は数多く存在しています。さらに、弁護士事務所によっては無料相談窓口を設けていることもありますので、まずはそういった窓口に相談しましょう。そこでは弁護士費用についても確認しておきましょう。

自己破産は債務整理の一種

悩む男性借金の返済が困難になった方に対して、債務整理という救済措置があります。債務整理にはいくつかの種類があり、自己破産もそのひとつです。タレントや有名人が自己破産をすることもあり、自己破産というワードをご存知の方もおおいことでしょう。これは裁判所が申立人の借金や収入を考え、支払いが不能と判断された場合に自己破産が認められるのです。例えば年収1000万円の方が100万円の借金を抱えていても返済は可能でしょう。しかし、年収100万円の方でしたら100万円の借金は返済が出来ません。こういった場合に認められます。

このような自己破産ですが、借金を免除してもらうには破産宣告と免責許可のふたつが必要になり、これらが揃った時に初めて自己破産が認められるのです。具体的な条件として、借金返済出来るだけの財産が無い、借金返済の金銭が調達出来ない、返済が滞っている、客観的に弁済能力が無い、などが挙げられます。

そして、免責許可が下りなければ残された借金の返済義務は免除されません。免責許可は裁判所が判断をしますが、場合によっては免責許可が下りないこともあるのです。過去7年以内に免責を受けたことがある、浪費やギャンブルによって借金をした、クレジットカードの現金化をした、財産をかくしていた、財産価値を減少させた、などがあると免責許可は下りません。こちらでは自己破産について詳しく解説をいたしますので、自己破産を検討している方は参考にしてください。

まずは弁護士へ相談することについて説明していきます。